株式会社 サートプロ|IoT*人材育成・スキル可視化と教育支援

【第314回】DX超入門:DXとはなにか⑬ ビジネスモデルキャンバスがDX推進のための整理・可視化に有効な理由

【第314回】DX超入門:DXとはなにか⑬ ビジネスモデルキャンバスがDX推進のための整理・可視化に有効な理由

DX推進をするときに自社のサービスやビジネスを分析や可視化するツールに、「ビジネスモデルキャンバス」フレームワークをつかうことが多くなりました。
またイノベーションや新規事業のビジネスモデルを考えるにあたり、必要な要素と、その関係性や全体像を把握することに適しています。
ビジネスモデルキャンバスを構成する以下の9つの要素があります。

【1】 顧客セグメント(CS:Customer Segments)
【2】 価値提案(VP:Value Propositions)
【3】 チャネル(CH:Channels)
【4】 顧客との関係(CR:Customer Relationships)
【5】 収益の流れ(RS:Revenue Streams)
【6】 リソース(KR:Key Resources)
【7】 主要活動(KA:Key Activities)
【8】 パートナー(KP:Key Partners)
【9】 コスト構造(CS:Cost Structure)

さて、どのようなポイントがあるのでしょ?

1)自社と顧客・パートナーの関係性
2)コストや収益構造の可視化
3)ビジネスモデルが顧客の価値創造

ビジネスモデルキャンバスってなに?

オススメの書籍:
・ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
https://amzn.to/3onjcsh

・インビンシブル・カンパニー 「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル
https://amzn.to/33OHlyy

つづきは音声配信でお楽しみください!

https://www.himalaya.com/ja/episode/2446900/137798419?Influencer_uid=4308090&Share_from=Web&Share_to=copylink

 

次回もDXに役立つ話題を提供していきます。

よかったら「いいね」や「フォロー」「コメント」をお願いします。

そして過去回も聴いてください! 近森満でした。(Yes,DX)ではまた。


  • 近森満への質問・相談は(twitter, facebook @chikamori )DMでどうぞ。

#DX #AI #IoT #DX企画書のネタ帳 #seedvoice #certpro #himalaya  #clubhouse   #podcast #IT #ICT #agile #ETEC #ACE #ekentei

#デジタルトランスフォーメーション #サートプロ #近森満 #企画書 #ネタ #スマート #デジタル化 #音声配信